ほッ…仏様!何してるの!?男神女神の合体♡【チベット仏教(密教)】

※読み返していないので、変な言い回しあります!優しい目で読んでください。汗

こんにちは!前回の記事【この密集感…狂ってやがる!】曼荼羅はアート!まんだらって何?
でまんだらについて、調べていたら、
気になる仏画がでてきました。↓これです。
合体仏
引用
合体仏 アイキャッチ
何ですか?これ…
仏様が女の人を上にのせて、抱きあっている…?
愛の象徴なんでしょうか?
こんなふうな恰好の仏画が何枚もでてきて、
「どんな意味のある絵なのかなあ」
気になったので調べることにしました!

スポンサーリンク

 合体しているの…?

これはチベット密教の 歓喜仏、合体仏、和合仏と呼ばれるものらしいです。
【自身の妃である女尊との性的結合像】

驚くことに!!
性的結合の恍惚が悟りを開く行の一環なんだそうです!(え~!?)
日本の仏教や、他宗教観では性的欲望が悟りを妨げるので、欲望の統制を求める。
禁欲しなくちゃ!って感じなのに…。真逆だ…。

ヤブユム=父母化(ぶぼか)… 結合状態の2尊。チベット語。
チベット仏教の教義には、
ヤブコムと呼ばれる男女の合一を無上の宗教的な解脱とするのだ!
これを行の中にとり入れてる、実戦方法だとか…(ひえ~!まじか…)

日本の仏像は性別がないのに対し、
インド仏教に由来を持つ仏には性別がある
インドから直接伝えられたチベット密教なので、
チベットの仏像にも、男女の区別がしっかりある!
しかも合体しているなんて……。

カーラチャクラ & 明妃ヴィッシュヴァマー
カーラチャクラ & 明妃ヴィッシュヴァマー
☆重なっていて女尊の背中しか見えないが、男尊も後ろにいる。
これも立派な合体仏です。
☆男尊は手が24本。いろんな武器を手にしているが、2本の腕だけはしっかり妃の腰に。
☆合体しながら、足下では悪魔をちゃんと踏みつけにしている!

普段、この像、チベットで安置されているときは、一般の人には
見られないように腰に布をまとっているのだそう…!
修行を積んだレベル高い位置にならないと、
全てを見ることはできない仏像らしいです。
煩悩だらけの私なんかが見てすいません…ひ~ッ

ヤマーンタカ父母仏立像
ヤマーンタカ父母仏立
☆明妃の左足は男尊の腰に絡み付いてます!
正面からだとよくわかりませんが…
ヤマーンタカ父母仏立像 下から
↑下からのアングル
☆ぎゃ~!!本当の挿入なさっているう…。
引用

ヤマーンタカ父母仏立画
↑ヤマーンタカ父母仏画
・水牛の頭を持つ。死神を調伏する、金剛の恐ろしき者
・9つの顔、34本の手、16本の足を持ち煩悩を象徴する動物や悪魔を踏み潰す

こういう「合体型」の仏像を「父母仏(ぶもぶつ)」と呼ぶのは、
「父」が慈悲の、
「母」が空の智慧(般若)
のそれぞれ象徴であり、それが一体となることで、「悟り」の境地に至るという考え方からのよう。引用

スポンサーリンク

なぜ合体→悟りなの?

性的な結合は、最も高いレベルの成就を超越的な歓喜という形で体験できる。
サンスクリット(古代インド・アーリア語に属する言語)では、
サハジャ(倶生起…生まれると同時に生起する煩悩)と呼ばれ、
性的な恍惚は、その隠喩。

世界創造のエネルギーは性的なエネルギーの中に最も強力にある。
実際のパートナーと性的な結合をしながら瞑想し、
自分の体内にあるエネルギーを放出しないで、逆流させ内側へ向ける。
身、語、心が統合された光の存在へと変わる。
そこに到達する事が涅槃(ねはん…煩悩 (ぼんのう) の火を消して、知慧 (ちえ) の完成した悟りの境地)である。

↑禁欲の日本仏教に慣れている私たちには理解できない考え…!
なんか矛盾していない…?
煩悩って肉体や心の欲望じゃないですか!
性的な結合ってそれがないと成り立たなくないですか?
なのに性的結合→煩悩消える!!悟り!
っておかしいですよ…え?え?え?です…。

怖い顔の合体仏
↑なんだか怖いですよ~!泣

立像
↑立像
坐像
↑ 坐像

合体仏たち
↑よーく見ると小さく描かれている仏様も
合体しています!
☆右下はダーキニー立像かな?

黒のダーキニ―立像
↑黒のダーキニー立像引用
ダーキニー立像
・お怒りの神様
・かっと見開いた目が空中を見据える3眼
・左手で髑髏の器で血or脳みそを構える
・髑髏の冠、髑髏の首飾り
(5つのドクロの髪飾り。それぞれ、貪欲、ねたみ、愚かさ、幼稚、欲情を表す。)
・踏みつけているのは、煩悩や悪の象徴する人間
・聖者ナーローパの性的パートナーとして悟りを得るのに協力。

 

優しい神様

例えばターラー菩薩
・女尊。チベット語でドルマ。
インド名で「輪廻の海を渡るのを助ける女性」という意味。
・ターラー菩薩は二十一の化身。
・菩薩の涙からお生まれになったという慈悲あふれる表情の仏像
・白ターラーと緑ターラーが一般的
(ターラーには白、緑、黄、赤、青の5種類がある。
これは密教五仏の影響を受けたもので、もともとは白ターラーと緑ターラーといわれる。)
・天災・事故から守ってくれる女尊として人気がある。
白ターラー
↑白ターラー
・菩薩の右目の涙から生まれる
・目が七つ(第三の目おでこ、手のひら、足の裏、顔)
・七つの眼ですべてを見通し、慈愛の心で民衆を様々な災厄や苦しみから守る。
・右手のひらを外に向け、人間の願いを受ける。
緑ターラー
↑緑ターラー
・菩薩の左目の涙から生まれる
・足を半分崩している姿勢。自分が必要とされるところにすばやく移動するため

まとめ

合体→悟りのチベット仏像
これは世界の宗教の中でもかなり非常に珍しい存在だそうです。(良かったあ…)

この思想はちょっと共感、理解しがたいのですが
チベット仏画はとても芸術的造形美で私は大好きです!
もっと詳しくインド宗教のことも知りたくなってきました!
こうやって、宗教画のビジュアルが気に入ると、
興味のなかった宗教を知りたくなってきますね!良いことかな?

神様の絵を描きたいなあと思っているので、
また宗教画について調べたらまとめたいと思います!
それでは♡

スポンサーリンク

 - 宗教画、絵画, 絵の参考資料